1/35スケール プラモデル®
帝国陸軍 四式中戦車[チト]試作型
製品番号FM32 四式中戦車[チト]試作型
希望小売価格(税抜き)¥4,700
再生産2020年1月16日出荷しました
※当初の出荷予定より遅れています。誠に申し訳ありません。
四式中戦車 試作型の実車について
第二次世界大戦が始まりドイツの電撃戦・対ソ戦における戦車の運用法はそれまでの歩兵直協から大きく変わることとなります。その情報は陸軍の戦車開発にも影響を及ぼし、昭和17年度計画に「新中戦車(甲)」として開発が始まる戦車が後の四式中戦車[チト]でした。当初57mm砲を搭載する試作一号車は19年5月に完成しますが、戦況の激化とさらなる攻撃力の強化案として75mm砲への換装が指示され20年2月にようやく改修が完成。終戦までに2両の試作車が試験をおこなってしました。

ブログの紹介記事
四式中戦車 試作型と量産型との違い(下図をクリックすると大きい画像が表示されます)


左:FM32 四式中戦車[チト]試作型 右:FM33 四式中戦車[チト]量産型
キット内容
完成写真
※下記組立写真は参考写真です、履帯はプラ製のものを使用しておりません。
また、写真は試作品を組み立て、塗装したものです。製品とは異なる場合があります。ご了承ください。


付属組立式履帯

付属デカール
※下記内容は2020年1月出荷分からの内容です。
★2両試作された四式中戦車[チト]試作型の再現。
★鋳造砲塔を用いた、写真が現存する試作車両を再現。
★そこに組立式履帯が付属(ベルト式履帯は付属しません)。
★履帯はプラ製、たるみをリアルに再現可能な接着組立式。
★主砲は砲尾も再現。

★排気管カバーは再現度が高いエッチング製。
★砲耳はエッチングパーツにて再現。
★完成品全長230mm、全幅82mm、高さ85mm
★部品点数約290点


マーキング例
別売り純正ディテールアップパーツ
製品番号MG72
日本陸軍 四式中戦車用砲身
(アルミ製挽き物)

希望小売価格(税抜き)¥1,200
四式中戦車に無加工で取付けできる75mm戦車砲のアルミ製挽き物砲身です。
製品番号MG74
日本陸軍 四式中戦車用
アクセサリーセット

(真ちゅう製エッチングパーツ)
希望小売価格(税抜き)¥1,300
四式中戦車 2種に対応した純正ディテールアップパーツ(1台分入り)
内容:工具箱 鍵フック、フェンダーステー
車両銘板、防弾ガラス ネジ、ジャッキ台 ネジ
キューポラハッチ 金具、海軍錨章、工具
車体上部 メッシュ


FM33
四式中戦車[チト]量産型
はコチラ




●トップページにもどる●